ホーム
 天然繊維を再発見しよう 
日本語
国際天然繊維年 ロゴ

天然繊維の振興をしましょう。国際天然繊維年のロゴと使用許可申請用紙をここからダウンロードしてください。

パートナー *** 皮,絹布
連絡先:

IYNF Coordinating Unit
(国際天然繊維年調整ユニット)
Trade and Markets Division
(貿易・市場部)
F.A.O. (国際連合食糧農業機関)
Viale delle Terme di Caracalla
00153 Rome, Italy
Fax: +39 06 57054495
E-mail: IYNF-2009@fao.org
(日本)
FAO日本事務所
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1−1−1
パシフィコ横浜 横浜国際協力センター 5階
Fax: 045-222-1103
E-mail: FAO-Japan-Info@fao.org

logo

ようこそ 

国際天然繊維年

• ビデオ
FAO/CFC/NZTE
 
photo

農民、紡績職人、機織り職人

織り、編み、マットに加工され、接着剤で貼り付けられ、天然繊維は社会に不可欠な織物となります。国際天然繊維年の主な目的の一つは天然繊維を生産している人たちや衣服・家具などの織物を織る人たちの生活向上です。

photo

天然繊維の世界

毎年、世界では3000万トンの天然繊維をさまざまな種類の植物・動物から生産しています。薬草、ココナッツ、蚕、ラマ、山羊、羊、うさぎ、らくだ・・・など。

photo

世界中での記念行事

国際天然繊維年には世界中で国際会議、セミナー、展示会、ファッションショーなどの 記念行事が予定されています。

• ファッションショー
FAO/G.Napolitano

FAOは4月ローマで100%天然繊維の布地を使うイタリアのスタイリストたちによる衣服のファッションショーを主催しました。

• 公式発足

国際天然繊維年は2009年1月22日にローマの国際連合食糧農業機関(FAO)本部で正式に始動しました。詳しくは行事のウェブキャストで・・・

• Eメールフォーラム

国際天然繊維年のメーリングリストに参加するには、件名を空欄にし、本文に以下の英文を記入した上で、mailserv@mailserv.fao.org へEメールを送付してください: 
subscribe IYNF-2009-L
(IYNF-2009-Lを購読します)